DION時代のブログです♪形にして残そうと思いました☆


by hono130
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

臨機応変

今日、honoを学童に迎えに行った時に指導員の先生にこう言われました。
「昨日、学校を休んだから今日の測定は慣れている私と一緒にしようと思ったら、honoちゃんはどうやら他の先生としなければならないと思っているらしく少し泣かれました。結局私としましたが…」と。
先日、学童保育のお友達に向けての病気の説明をしてもらったと同時に指導員の先生にも誰でも気軽に測定のサポートができるようお願いしました。以前から先生に対してはそう思っていたのですが、思いが伝わっていなかったようで特定の先生のみとしか出来ませんでした(友達への説明もいきなり病名からでビックリしちゃった。注射とは今子供たちが直接関わる話はしないつもりです。と言ってたのに、もう全部です。普段IDDMは使わずにインスリン分泌不全と言ってます)本人にも「特定の先生がいつもいるわけじゃないので少しずつで良いから慣れていってね」と言っておいたのですが…。思いこむとそうでないといけないと言う思いで一杯になってしまう娘。またそのかたくなさになった心を解きほぐさなければならなくなりました。
「臨機応変」私も得意な方じゃないけど、臨機応変に動けたら、物事を考えたらもう少し楽にいくのにと思ってしまいます。
なっとくすると行動が早かったりする反面、こういうところで苦労しています。
でも、娘にとって測定は生活の一部なので、して当たり前にもっていきたいのです。
これからどうなるか分からないインスリンの注射をふまえて。
[PR]
# by hono130 | 2006-03-23 19:13 | 独り言

病院へ行って来ました

今日の午前中に隣町の病院まで連れて行ってきました。
嘔吐については落ち着いていたこともあり、水分が取れているようなら大丈夫とのことでした。
腹痛については少し便秘気味だったせいもあり処置してもらって少し楽になったようです。
でも、病院へ向かう道中、無言になってしまい「どうしよう」ち心配しましたが大丈夫でした。
IDDMを発症するまえはちょっと嘔吐ぐらいでは、水分さえ取れていればそんなに慌てて病院に行かないんだけど、ランタスの加減もあるし、食べられなくなる前に早めに行きました。そんな事で今日はゆっくりしてたけれど、お昼ぐらいからは顔色も良くなって「本当に病気?」というぐらいまで回復してました。でも、本当に軽くすんでよかったです。明日は元気に学校に行ってくれることでしょう。
[PR]
# by hono130 | 2006-03-22 16:18 | IDDM

今日の夜

今日の晩ご飯の時、たまに訴える腹痛を言ってた。
血糖値低くもなく、高くもなくなんでだろう?と考えていた。試行錯誤の後、便が出ていないということもありゴレイサンではなくショウチュウケントウを少しだけ飲ませた。でも、歯磨き後に嘔吐した。それも大量に。多分お昼ごはんも消化していなかったみたい。
すぐに入院していた病院に電話をして指示をあおぐ。でも回答になんかすっきりしないものがあった。休日の夜なので主治医の先生も不在をいうこともあったと思うけど、う~ん何か腑に落ちない。とうの本人は2回目のお風呂に入れてもらってスッキリした感じで「明日は学校休む」と言ってた。寝る前にOS-1を飲ませて寝さした。先週末かた少し機嫌も悪かったし体調悪かったのかなぁ。気づいてあげられなかった。
ごめんね。
やはり無理じぃは駄目ですね。反省。
明日はどうするかわからないけど、あまり無理をさせないでおこうと思います。
[PR]
# by hono130 | 2006-03-21 22:36 | IDDM

入院中の話

昨年12月5日から約3週間、IDDMで入院していました。
彼女にとって何もかもが初めての体験。4人部屋でお隣には同じ学年の女の子がいました。初めは恥ずかしがってたけど、すぐに意気投合していました。車で1時間半ほどかかるし、小学生なので付き添いは駄目なこともあり、少々心配していましたが、帰ることにあまり抵抗がありませんでした。それって彼女のすごいところ。子供らしくないと言えばそれまでなのかもしれないけれど、ダダをこねてもいてくれるわけじゃないと納得した結果なだけ。そういう面ではすごく助かってました。同級生だったその女の子も10日程したら退院していきました。その後もお友達を見付けては何とかしていたようです。入院生活が半分を過ぎた頃、病院に行けない日が続きました。彼女なりにその時によってご飯を食べなかったりして看護士さんたちを少してこずらせていたようでしたが我慢して来れる日を楽しみにしていてくれました。後半は見かねた私の母が行ってくれたりして、父と母が来れない日は毎日来てくれるように祖母に頼んでいたらしいです。

もうすぐ春休み。2年生に進級しクラス替え・担任の先生も替わります。慣れるまでストレスがかかると思うけどあの3週間の入院生活をバネにして乗り越えていって欲しいと思います。
文章力がなく変なまとめ方になっちゃいました。
[PR]
# by hono130 | 2006-03-21 15:39 | IDDM

苦手なこと

honoが3歳の七五三の写真撮影を終えたあたりから、写真のフラッシュに異常に反応を示すようになりました。ひどいときはビデオカメラも駄目で、極めつけは車の中でカメラを取り出しただけで発狂に近い状態になりました。兄が2人いるのですが、その2人はどこでも写真に写っているような息子なので「なんで?」と思いました。そして大きなお供苦手の仲間入りをしました。運動会のピストルの音も駄目。雷も駄目。
カメラについては、今はやりのデジカメというのが駄目で、あれってすごく光るんですよね。もう最悪。
私にとって基準となる長男(中1)の時なんてそんなになかったしビデオも主流じゃなかったのでそんなに着にならなかったのですが…。なので先日の卒業式に久しぶりに体験して泣かなかったけれど、顔面蒼白になっちゃった。少しずつなんとか慣れてきているきがするけど、なんとかなんないかなぁと正直思う時もあります。
でも、こればっかりは彼女が納得しないと先にはすすみません。
血糖値測定も少しの間で自分でできるようになったし、ランタスもおしりは自分では無理だけど、お腹と足にはつまんであげると自分で打てるようになった。
これも彼女が自分で納得した成果です。
焦らず少しずつ、でも確実に納得していけたらいいなぁと思います。
[PR]
# by hono130 | 2006-03-20 20:02 | 独り言