DION時代のブログです♪形にして残そうと思いました☆


by hono130
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

授業参観に行ってきました

あれから(前回のブログを書いてから)行ってきました
何とか1時間目に間に合いました
honoの教室と理科室は同じ並びにあるので「楽じゃな~い」と思いながら出かけたら結構距離があった<(_ _)>でも階段を上がって1階と3階を往復する手間が省けているので良かったです

高学年の下駄箱(うちの小学校は変な造りのため下駄箱が4カ所あります←子供だけのね)から入り、まずは理科室の前を通り過ぎ次男の位置を確認しhonoの教室へ…
「国語」だったのですが発表している声も小さく何をしているのか分かりませんでした
それでもhonoに顔を見せ発表している姿を確認し次男の実験へ…
今日の理科の実験は「今何を習っているんだ」と思いつつ…
「設定時間内にいかに長く物を燃やせるか」という実験でした
最初はどのようにしたら火がつくかをし、段階を経て6グループが同じ条件でグループで考えながらアルミ缶(先生が自宅から持ってこられたビール缶(^_-)を使って実験しました
みんな色々考えてやってます
缶の下の方に穴を開け、割り箸をキャンプファイアーのように組み立てて入れ火をつけ、開けた穴付近で下敷きであおぐという方法が主流でした
「なんでこんな実験?危ないやん。それと次男本当にマッチすれるの?(マッチで火がつかないグループはアルコールランプが使用可能でした)まぁ家でされると困るけど学校できちんと正しい使い方まで教えてもらえるならいいのかな?」と思いながら見ていました
ら…
なななんと次男のグループの火が激しく燃え、すごい煙で火災報知器が作動しそうだったので急遽外での実験に変わりました(おいおい先生ちゃんとしてよ)
何とか無事に実験は終わってやれやれでした

結局honoの参観は発表の場は国語と道徳の2回見れたけど今回も次男に始まって次男に終わった参観でした

お願い…もっと見入るような授業参観にならないかな(次男のみたいにとまでは言わないから…)(汗…)

授業参観が終わった頃honoと同じクラスのお母さんと少しお話しました
保育園も一緒で次男と同じ年のお子さんがいるので以前から話しはすることはありました
久しぶりに顔を見て近況を話しました
そのお子さんも病気をもったおられます(次男と同じ年のお子さん)
そして自然とhonoの事を口にしていました
「そうやったんや~」と言いながら
「注射打ってるんや~。体もお昼までもたないから補食も食べてるねん」
と言ったら
「注射やったら膵臓か?」
とだけ聞いてこられました
そのお母さんは「病名」だけがどんな風に一人で勝手に歩いて行くというのをよく知ってらっしゃるお母さんです
病気は違うけど自然と言えたことで少し楽になった自分がいました
まだまだ全部とはいきません
中には「そんな考えしてたの?」(今日発覚)というお母さんもいて言わないでおこうと思ったりもしています
そのお母さんも不具合が出たらその時に話しをしようと思っているとおっしゃってました
honoの場合は先生や関わる大人には言っておかなければならないけれど、それ以外はまだ少しそのままでいこうと思いました
いつの日か自然と口に出る…そんな日が来るといいな(^O^)
[PR]
by hono130 | 2006-06-06 15:22 | 子供たち