DION時代のブログです♪形にして残そうと思いました☆


by hono130
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

臨機応変

今日、honoを学童に迎えに行った時に指導員の先生にこう言われました。
「昨日、学校を休んだから今日の測定は慣れている私と一緒にしようと思ったら、honoちゃんはどうやら他の先生としなければならないと思っているらしく少し泣かれました。結局私としましたが…」と。
先日、学童保育のお友達に向けての病気の説明をしてもらったと同時に指導員の先生にも誰でも気軽に測定のサポートができるようお願いしました。以前から先生に対してはそう思っていたのですが、思いが伝わっていなかったようで特定の先生のみとしか出来ませんでした(友達への説明もいきなり病名からでビックリしちゃった。注射とは今子供たちが直接関わる話はしないつもりです。と言ってたのに、もう全部です。普段IDDMは使わずにインスリン分泌不全と言ってます)本人にも「特定の先生がいつもいるわけじゃないので少しずつで良いから慣れていってね」と言っておいたのですが…。思いこむとそうでないといけないと言う思いで一杯になってしまう娘。またそのかたくなさになった心を解きほぐさなければならなくなりました。
「臨機応変」私も得意な方じゃないけど、臨機応変に動けたら、物事を考えたらもう少し楽にいくのにと思ってしまいます。
なっとくすると行動が早かったりする反面、こういうところで苦労しています。
でも、娘にとって測定は生活の一部なので、して当たり前にもっていきたいのです。
これからどうなるか分からないインスリンの注射をふまえて。
[PR]
by hono130 | 2006-03-23 19:13 | 独り言